コレクション: 重大屋

大正時代、由谷重太郎がリヤカーを引いて、天ぷらや干物、鯨肉などを、近隣に売り歩いたのが『重大屋由谷商店』のルーツです。商業捕鯨が許されていた当時、ナガスクジラやマッコウクジラなどを加工し、販売。現代表の由谷恭兵は、全国各地の捕鯨基地に赴いて、鯨の解体作業や肉の選別なども行っています。
重大屋由谷商店 https://jyutaya.com/

0個の商品

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。

トップに戻る